momentum ホーム momentumメンテナンスガイド! -サドルの高さ調整にチャレンジ!-

momentum ホーム momentumメンテナンスガイド! -サドルの高さ調整にチャレンジ!-






iwantr1_01







サドルの高さは快適に自転車に乗るうえでとても重要なポイントです。

適切な高さにするだけで窮屈感や脚の伸びがなくなり、

誤ったサドル高からくる違和感や痛みから解放されるのです。

体格は一人ひとり異なりますから、自分に合ったサドルの高さを見つけてみましょう。

















■準備するアイテム



工具が必要な場合はアーレンキー(六角レンチ)を使用します。

アーレンキー単独の工具の方が取り回しがスムーズで力も入れやすいので作業が楽になります。

アーレンキーは緊急用の携帯工具でも代用が効きますが

バイクをメンテナンスする際には色々な場所でアーレンキーを使用しますので1つ持っておくと便利ですよ














■サドル高調整 ボルト止めタイプ





スポーツバイクに多く採用されているボルト止めタイプの調整方法です。

こちらは調整にアーレンキーが必要になります。

まず、シートクランプのボルトを緩めましょう。(手順1~2)

このときアーレンキーを車体に当てて傷つけないように気を付けましょう。





クランプ部分を緩めたら高さを調節しましょう。

シートポストに高さの限界線が刻印されています。これが車体に収まって

隠れる高さが一番高い位置になります。

サドルの向きをそろえてシートクランプを固定すれば完了です。(手順4)














■サドル高調整 クイックレリーズタイプ





スポーツバイクのサドル高調整を手作業でできるようにしたのがクイックレリーズタイプです。

こちらはレバーを開閉するだけ(手順1~2)で調整可能となっています。

ただ、仕組み上ボルト止めタイプよりも固定力が弱いため少し強めにレバーを締めるとよいでしょう。





レバーを締めても緩い!もっと強く締めたい!というときは

レバー反対側にあるネジを締めてください。

これによりレバーが締まる強さを調整することができます。














seihin-bar

ご購入はこちらに記載の取扱店まで

トップに戻る

pagatop